社会福祉法人ひたかみ福祉会

オンラインでふれあい作品展 Vol.2

毎年2月に開催をしておりました友とぴあ主催の「ふれあい作品展」ですが、今回も新型コロナウイルス対策のためイベント形式の開催を行うことが難しく、昨年同様に当法人のホームページ上で作品を5月末まで公開いたします。

2月25日(金)より1週間おきに、ご協力いただきました団体ごとに掲載をしていきます。
保育園、病院関係機関、福祉関係施設、行政機関などからよせられました、個性あふれる作品の数々をどうぞご覧ください。

2/25 駒形こどもの杜 UPしました。

3/4 さくらクリニック UPしました。

3/11 おとめがわ病院 UPしました。

3/18 友とぴあ UPしました。

3/25 ワークみずさわ UPしました。

4/1 奥州市役所 健康増進課 UPしました。

駒形こどもの杜

社会福祉法人駒形会 幼保連携型認定こども園 駒形こどもの杜

当園は、奥州市内の中心部に位置し、水沢公園が目の前に広がる緑豊かな自然に囲まれた環境のもと、0歳児から5歳児までの子どもたちが集う教育・保育施設です。駒形神社に隣接し、鎮守の杜に見守られながら、今年で創立72年を迎えます。

 毎年、秋に行っているおゆうぎ会では、年長児が創作劇(オペレッタ)を披露します。今年は『グリニッジの大時計』に挑戦しました。その後、冬に園内で行われた造形展では、オペレッタの続きの物語を、こどもたちひとりひとりが考え、お友達につないでいきながら、リレー形式でストーリーを考えて描きました。今回の作品展には年長児42名の作品を出品しています。どのような物語か想像しながら、ゆっくりご覧ください。

さくらクリニックデイケア

こんにちは、さくらクリニックのデイケアです。

「デイケアってどんなところですか」「どんなことをしてるんですか」と聞かれることがあります。簡単に言うと、苦手なことを練習して次のステップに進む活動をするところです。規則正しい生活や人付き合い、集中するのが苦手…などを自分なりに向き合い、克服して、なりたい自分に少しでも近づけるようにみなさん頑張っています。今回は時間をかけて集中して取り組んだ一部の作品を紹介いたします。

おとめがわ病院 デイケア

奥州市にございます、おとめがわ病院のデイケアです。ここには毎日20名程度のみなさんが通所し、様々な活動をしています。

活動内容はペタンク、フロアーリングなどのグループで行うレクリエーション活動や、創作造形、塗り絵、ペン習字などのじっくり集中して取り組む活動などです。今回の作品展には、日ごろみなさんが作りためているものを多数出展しました。力作ばかりです!

友とぴあ

友とぴあは、主に精神障がいのある方々が自分らしく地域で暮らし続けられるよう、社会活動への参加を支援するところです。水沢の駅通りに事務所、談話室(サロン)、調理室や交流スペースを設け、みなさんが楽しく集まれる場所、障がいを持った仲間同士が友達のように温かい雰囲気で過ごす場所を目指しています。

2年目のオンライン作品展には、昨年よりも多くの方に参加いただきました。書道、絵画、立体作品、造形作品、写真などみなさんの個性があふれでていますね。

ワークみずさわ

ワークみずさわは奥州市水沢、姉体町にある障がい者施設です。40名を超える利用者の方が通所し、豆腐、パンなどの食品の製造販売、下請け作業や廃品回収、マッサージ施術などを行っております。300年を超える歴史をもつ水沢の伝統的なお祭り「日高火防祭」のはやし屋台を彩る「花」の作成も手掛けています。

昨年からは農業と連携し稲の苗箱運び、ピーマンの茎切りなどの新ジャンルにも挑戦中です。お仕事のご用命承ります。ご連絡お待ちしています。

奥州市役所 健康増進課

奥州市役所では心の健康づくりに取り組んでおり、心の健康に関するご相談をお受けしております。(平日8:30~17:15)

・本庁健康増進課健康づくり係 TEL34-2903

・江刺総合支所健康福祉グループ TEL34-2523

・前沢総合支所市民福祉グループ TEL34-0275

・胆沢総合支所健康福祉グループ TEL46-2977

・衣川総合支所市民福祉グループ TEL34-2370